efplan -1級建築士事務所-
Home
My idea
Works
Concept
Hatoyama House
Contact
About me
 
My idea
今回の外壁塗装

  漬けてるところ
漬けてるところ
 

  乾かしているところ
乾かしているところ
 

前にも書きましたが、今回のお宅の建つところにはいろいろと建築条件がありまして。
そのうちの一つが「母屋などの主たる建築物の外壁の仕上げは、自然素材(木質系材等)を用いることを基本とする」というもの。

「美しく周辺と調和したデザイン」のため、なんですが、
初めの2.3軒は木の板を貼ってましたが、現状では半分くらいは色だけ茶系のサイディング、が半数程度建っております。
ハウスメーカーやその手のことをやったことのない工務店だと、木の板に対してのノウハウもないし、劣化した時のメンテ問題も嫌だし、何より手間(お金)かかるし、と、ま、こうなるよねーって感じですが、ここをマジで素敵なものにしようという本気度が町にはない、ということでもあります。

話がずれた。
エフプランではちゃんとやるよ、ということでいつもはアクセント的に使っている木の板を全面に(一部塗り壁)貼ります。で、その塗装。
今回は枚数も大量なので、業界用語でいう「どぶ漬け」塗装でやっています。
普通は刷毛やローラーで塗っていくのが一般的ですが
塗料で満たしたハコ(船という。これも当然このために作りました)の中に、木の板をただ水没させて引き上げる、というなんとも原始的な方法。
塗り忘れもないし、均一に色もつく。
欠点は塗料がすごく食う、身体、手が汚れる。乾くのに時間がかかるので、晴れた日でないと作業ができない。そのために一日に出来る枚数が限られる。


でも、あともう少しで終わります。
出来た時はその外壁にも注目してください。

back