efplan -1級建築士事務所-
Home
My idea
Works
Concept
Hatoyama House
Contact
About me
 
My idea
LEAF の本気 ZERO EMISSION 今日からうちが産油国 @

  エネルギーの泉
エネルギーの泉
 

  太陽光のエネルギーが直接リーフに
太陽光のエネルギーが直接リーフに
 

数年前からひとりでギャーギャー言っていたリーフを利用した電気のこと、環境のこと。

誰からもレスがないから、というわけではないけど、人に薦める前に自分でやらないと奮起し付けました。
太陽光パネルとV2H(太陽光で発生したエネルギーをEV(電気自動車)に入れてくれる設備)。

リーフには車体のあちこちに「ZERO EMISSION」と書かれております。EMISSIONとは廃棄物とか環境に悪いもの、という意味。
カタログにも「リーフは電気自動車。走行中はCO2を一切出しません」と。

これはゴーンさんの虚偽記載です。走行中は確かに出さない。でも、電気を生むときにはどこかで石炭か油を使用した火力による発電でCO2は出しています。それかもっと最悪なウランが使われている。
棄てている深夜の電気を使うことや燃費のことを考えると普通のガソリン車よりも環境にいいのは確かですが、ZEROではありません。そこが気にくわない。

何度も言う。私は数万年後の人類に「こんなもの残しやがって、この時代のやつらはどうかしていた」と言われたくないのです。
「水俣病」とか「イタイイタイ病」とか、今思うと恐ろしい時代もあったもんだ、と思ってませんか? いや、今も同じことしてますから。原発を動かすことによって。
でも、見てみないふり。なんとかなるんじゃない? 問題が起こるころにはうちらいねーし、と。

私は違う道を行きたい。

私の車は今日から正真正銘の「ZERO EMISSION」。屋根の上が産油国。

付けてみてわかったことたくさん。細かいことはまた伝えていきます。

back